■TOTAL ■TODAY  ■YESTADAY

当サイトは、幕末の志士・清河八郎のホームページです。『明治維新の魁』と称された文武両道の志士。。。現在の山形県庄内町清川に生まれ、幕末という激動の時代を駆け抜けた英傑・八郎の波乱の生涯をご覧下さい。



清河八郎記念館 清河八郎年譜 清河八郎関係人物録
清河八郎人物図鑑 回天の魁士〜清河八郎物語〜 清河八郎リンク

”明治維新の魁”と称される回天の志士、清河八郎。


 清河八郎は、清川村(現山形県庄内町清川)に生まれ育ち、18歳で江戸に上りました。
 当時の最高学府に学び、北辰一刀流を修めた後、25歳にして文武指南の清河塾を開きました。
 しかし、時世は幕末へと向かい、八郎は尊皇攘夷の志に目覚めます。
 「虎尾の会」を結成し、国事に奔走、尊王討幕の魁といわれ、尊皇攘夷の志のもと『浪士組』を結成し、 尊皇攘夷への回天を図ります。・・・しかし、八郎は志半ばで暗殺されてしまいます。
 八郎の死後、浪士組は、新撰組、新徴組へと別れますが、ここから明治維新という激動の時代に突入 してゆきます。
 『維新回天偉業の魁』
 清河八郎は、まさに明治維新の魁となり、時代を動かした英傑のひとりです。
 

当ホームページをご覧になる場合には、
下記の環境でアクセスすることをお勧めします。
Microsoft Internet Explorer(ver.5.5)以上、もしくはNetscape Communication(ver.6.2)以上
NAVI庄内バナー
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事等の無断転機を禁じます。
Copyright(c)2006 回天の魁士 清河八郎 All rights reserved.   | プライバシーポリシー